パパ・ママ
せんせい
きっず


HOME




巷の教育ニュース 育児や幼児教育に関する話題をお伝えしていきます。
過去の記事に関しては、リンク切れの場合もありますのでご了承下さい。

(GO!)をクリックすると、情報のページへジャンプします。

2020/01〜 2019/01〜12
2018/01〜12 2017/01〜12
2016/01〜12 2015/01〜12

2020/6/1
子どもの失敗の機会を奪う「悪い先回り」を今すぐやめて、「いい先回り」をするための工夫とは?
「先回り」をする親が増えている――子育てや家庭教育関連のメディアで頻繁に目にする内容です。それらのメディアは、「先回りはよくないもの」として扱っていることが多いよう。ただ、「先回りにも『いい先回り』と『悪い先回り』がある」と言うのは、幼稚園の園長を務めた経験もある、東京家政大学子ども学部教授の岩立京子先生。その真意を教えてもらいました。ウーマンエキサイトの記事です。

2020/5/19
休校中に「英語力が伸びる子」がやっていること
今春から本格的に始まる小学校での英語の授業。楽しみにしていた小学生も多いことでしょう。教科書はもう手元に届いているでしょうか。わくわくしながら、学校の再開や授業のスタートを待っている子どももいるでしょう。東洋経済オンラインの記事です。

2020/4/22
Withコロナ時代だからこそ創造的に学べ 足りないのは自ら学びたいと思える環境
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で学校の休校が続く中、さまざまな企業や団体が自社の教材を無償で提供していますが、本当に必要なのは、子どもが「自ら学びたい」と思えるような環境ではないでしょうか。ウーマンエキサイトの記事です。

2020/4/2
子どもを「算数嫌い」にしない大原則。幼児期からできる“算数好きの基礎”の築き方
「理系離れ」という言葉が生まれて久しいいまも、「算数が嫌い」「算数が苦手」という子どもはたくさんいます。「好きなことや得意なことを伸ばせばいい」という考え方もありますが、子どもの将来の可能性を狭めないためにも、苦手教科をつくりたくはありません。では、どうすれば子どもたちは算数に親しむことができるのでしょうか?ウーマンエキサイトの記事です。

2020/3/30
才能が「芽を出す子」の家庭に揃っている3条件
一人ひとり違っている才能や能力を引き出してあげることが重要なポイントになります。そして、それが職につながることで、幸せな人生を歩める可能性が高いことも容易に想像できます。東洋経済オンラインの記事です。

2020/3/27
よく噛む子どもは「勉強も運動もできて、ストレスのない子」に育つ! 数々の研究が証明
夢中になってご飯をむさぼる子どもに、「消化が悪くなるからしっかり噛んで食べなさい」と注意する親御さんは多いでしょう。じつは、よく噛むことには、消化以外にもたくさんのメリットがあるのですよ。ウーマンエキサイトの記事です。

2020/3/17
「子どもの嘘」の原因は「親の嘘」かも。子どもが親を信用しなくなる怖い嘘
「子どもは嘘をつくもの」 そうはわかっていても、わが子の嘘は気になるものです。どうして嘘をつくの?誰かの影響?ひょっとして生まれつき嘘つきなの?「嘘をつくことは悪いこと」だとわかっているからこそ、子どもが嘘をついていると不安になりますよね。ウーマンエキサイトの記事です。

2020/3/6
どんな子でも本好きに! 読書の楽しみを味わえる魔法の本の共通点
アメリカで生まれた『パンツマンたんじょうのひみつ』という本があります。全米でシリーズ5,000万部を突破したメガヒット児童文学で、『スーパーヒーロー・パンツマン』というタイトルで映画化もされました。ウーマンエキサイトの記事です。

2020/2/21
魔の2歳児!イヤイヤ期にどんな言葉をかけたらいい?保育士が教えます!
こんにちは。保育士の中田 馨です。「魔の2歳児」とも言われる2歳の赤ちゃん。このころになると、何でも「イヤイヤ」といって物事が前に進まないことがありますね。そんな子どもの対応にヘトヘトになってしまうこともあると思います。今日は子どもがイヤイヤ期に入ったらどうすればいい?ウーマンエキサイトの記事です。

前のページ >>


(C) 2001-2020 System Proceed Corporation. All Rights Reserved.
- このサイトへのリンクはフリーです。
Produced by Systemproceed